免許取得までの期間とその免許で何ができるか

運転免許にはいくつかのカテゴリーがあり、取得した種類によって何ができるか決まっています。規定に従わない場合は、たとえ運転技能はあっても罰金など課せられることがあるので注意しましょう。では順を追って運転免許の種類を紹介します。運転免許は大きく2つに分けられます。厳密に言えば3つなのですが、仮免許は路上教習をするために必要な免許で、その免許を保有する運転経験を有する同乗者を必要とし、しかも有効期限があるのでとりあえず除外します。本免許には1種と2種があり、2種運転免許はタクシーやバスなど旅客を運ぶことを目的とし年齢要件および1種免許取得からの期間要件が求められます。したがって、運転免許の種類を理解するためには1種免許のカテゴリーを把握すれば十分です。では主だった種類から見ていきましょう。高校卒業と同時に自動車学校へ通う方々が目的とするのが、普通免許です。18歳以上から取得でき車両総重量5トン未満、最大積載量3トン未満の自動車ならば運転できます。その一つ上の中型免許は20歳以上で免許を取得して2年経過していると、車両総重量11トン未満、最大積載量6.5トン未満まで運転できます。これらをすべて運転できる大型は21歳以上免許取得から3年経過していなければ取得できません。運転免許は、ある一種類を取得するのに伴って他の運転資格を与えられることが多く、たとえば普通免許さえあれば原付きバイクやトラクターなど小型特殊を公道で乗ることができます。逆に原付きバイクの免許を持っていても、その他の運転資格は与えられないので注意が必要です。バイクの場合は排気量で種類分けがされており、小型限定普通二輪免許は50ccから125ccで小型に限定しない場合は400ccまで運転可能です。さらに大きなバイクに乗りたいときは大型二輪免許があれば排気量を気にする必要がありません。免許取得までの期間ですが、自動車学校を利用する場合で考えたとき通学と合宿で多少異なりますし、AT限定など取得したい免許によっても変わります。たとえば合宿を利用すると集中的に教習が受けられるので最短14日程度で卒業でき、後は学科の試験に合格するだけです。一方通学の場合は、教習に集中する環境にないこともあって最短でも1ヶ月程度と考えましょう。自動二輪も自動車と同じように考えると良いですが、期間は合宿では最短1週間程度で、通学でも2~3週間ほどの計画で大丈夫です。もちろん個人の技量により長引くケースがある点は考慮しておきましょう。
Copyright(c) 2015 合宿免許バイクネット All Rights Reserved.